声のお悩みを知る

私だけ!?声が大きいのを改善してコントロールする3つの方法

口に手を当てる女性

こんにちは、

「声がバカでかい」と彼氏から言われて内心傷ついた経験のあるAmiです。

この記事では、私と同じように人から「声が大きい」と指摘され、悩んでいる方のために、声が大きいことの原因や改善方法を徹底的に解説していきます。

実際に、声が大きいことはメリットにもなりますが、デメリットも同じくらいあるため、この記事では今すぐ始められる改善方法をご紹介しています。

この記事を読むことで、声が大きいという悩みを解消できるだけでなく、声をコントロールして仕事や人間関係の悩みも解消していくことができるでしょう。

声を改善する一番早い方法は?

今はYoutubeや書籍などで声質を変えるための方法がたくさん紹介されていますが、一番確実な方法は、プロから学ぶことです。

プロに学ぶって高いんじゃないの?と思われるかもしれませんが、最近はオンラインで手軽に受けられるものもあるので、高すぎるということもありません。

レッスンは基本的にマンツーマン(パーソナルレッスン)であるうえ、一生ものの技術を学ぶことができるので、値段の価値はあると言えます。

こちらの学校は無料で体験レッスンも受けられるので、無料レッスンだけでも受けてみないと勿体無いです!

声が大きい人の特徴は?

よく通る声を持っている

人間の耳にはよく聞こえる周波数と、全く聞こえない周波数があります。

相手から「声が大きい」と指摘される人は、人が聞きやすい周波数の声を持っている場合が多いです。

周りのことが見えていない

声が大きい人の特徴として、周りの環境や人の様子を気にかけることができず、場に合わないくらい大きい声で話してしまうということがあります。

ついつい盛り上がって夢中になって話してしまった経験がある人は、こういった傾向があると言えるでしょう。

目立ちたってしまう

声が大きい人は、人よりも声が大きいので、周りの人と比べて人一倍目立ってしまいます。

目立ちたいという目的がある場合は別ですが、意識していなくても目立つ場合は、相手にネガティブな印象を持たれやすくなってしまったりいろいろと不利な状況が多くなりやすいです。

声が大きくなる原因は?

耳が悪い

声が大きくなる原因の一つとして、耳が悪いことがあります。

お年寄りの方で、大きい声で話す人がいますよね。だんだんと耳が聞こえにくくなるため、自分の声が聞こえにくくなるのが原因です。

若い人でも同じことが原因になっていることがあります。

耳に問題がある場合は、自覚することはなかなか難しいので、耳鼻咽喉科などの医療機関で聴覚の診察をしてもらってください。

ボリュームのコントロールができない

耳に問題がない方で、声が大きい原因は、本人が声のボリュームをコントロールする方法を知らないことがあります。

普通の人は、図書館などの静かな場所へ行くと、自分の声のボリュームを小さくすることができます。

しかし、声が大きい人は、静かな場所へ行った時に、自然とボリュームをコントロールできません。

声が大きいのを改善する方法は?

周りの人のボリュームを観察する

声が大きいという悩みを持っている方におすすめの方法として、まずは周りの人や環境をじっくり観察することです。

例えば、スターバックスに行って他の人が友達同士でどれくらいのボリュームで話しているのか、図書館で働くスタッフの人の声はどのくらいかなどを観察してみてください。

周りを見ることで今まで自分の声は大きいのかもしれないと気付ければ、次はどのように周りと同じ音量にできるかを学んでいきましょう。

ボリュームのコントロール方法を学ぶ

声のボリュームのコントロール方法というのは、独学で学ぶのは難しい技術になります。

理由としては、現時点での自分の声がどれくらいなのかは客観的にしか判断できないからです。

私個人として効果があったのは、ボイストレーニングです。

ボイストレーニングは、どのように声を出すのか、声の高さ・低さのコントロールはどうするのかなど、声に関する技術をプロから学ぶことができます。

レッスンはマンツーマンなので、悩みに沿ったオーダーメイドのレッスン内容を受けることができます。

ボイストレーニングを受けたことで、自分の声がいかに大きかったか理解することができましたし、今は適切な音量調節ができるようになったので、どこに行っても恥ずかしい思いをすることは少なくなりました仕事や人間関係も前よりうまくいっているように感じます。

声が大きくて悩んでいる人は、声のボリューム法をプロに学んでみることから始めてみてはいかがでしょうか?

まとめ

この記事では「声が大きい」ことに悩む方向けに、声が大きいことの原因や改善方法を私自身の経験をベースに解説をしてきました。

声が大きいということは、自分の意見を伝えやすいというメリットなどもありますが、周りからネガティブなイメージを持たれる恐れもあります。

私はボイストレーニングを受けることで、声の音量調節の方法を学び、治すことができました。

同じ悩みを持つ方は、こちらのスクールの無料体験レッスンを申し込むと、レッスン前に悩みをヒアリングする時間を設けてくれますので、タダでプロに相談ができます。

スクールは、合う・合わないが人によって違うので、さまざまなスクールの体験レッスンを受けてみてください。

私はレッスンを通して、声の音量調節だけではなく、高さの調節方法や効果的なトレーニング法など、一生使える技術を手に入れることができたので、本当にボイストレーニングしてよかったなと思っています。

-声のお悩みを知る