声のお悩みを知る

アニメ声がコンプレックス?声質の改善方法はある?

こんにちは、

小さい頃からずっとアニメ声で、会う人には必ず「なんかのキャラクターだよね」と言われてきたAyumiです。

私と同じように、「声が変」とか「まじめじゃない声」など言われて、内心傷ついた経験がある人もいるのではないでしょうか。

そんなアニメ声をお持ちの方に、この記事ではアニメ声の原因からアニメ声って治るの?などの疑問を解説していきたいと思います。

声を改善する一番早い方法は?

今はYoutubeや書籍などで声質を変えるための方法がたくさん紹介されていますが、一番確実な方法は、プロから学ぶことです。

プロに学ぶって高いんじゃないの?と思われるかもしれませんが、最近はオンラインで手軽に受けられるものもあるので、高すぎるということもありません。

レッスンは基本的にマンツーマン(パーソナルレッスン)であるうえ、一生ものの技術を学ぶことができるので、値段の価値はあると言えます。

こちらの学校は無料で体験レッスンも受けられるので、無料レッスンだけでも受けてみないと勿体無いです!

アニメ声になる原因

声帯が小さい

アニメ声で声が高いという人は、持っている声帯が小さいということが考えられます。

声帯は喉の奥にある筋肉で、声の出し入れに応じて、声帯の筋肉を開閉させます。

アニメ声を持っているという場合は、声帯の大きさが影響している可能性があるでしょう。

声帯以外にも、口の中の状況や、鼻の高さなどあらゆる条件がそろって、その人独自の声となりますので、声帯だけが原因じゃないことがあります。

滑舌が悪い

滑舌が悪いと、子供っぽい印象を相手に与えてしまいます。

滑舌が悪く、高めの声を持っている場合は、テレビアニメのキャラクターの話し方のようになってしまうため、アニメ声と思われてしまいます。

滑舌の悪さは、歯並びや話し方の癖が原因であることが多いです。

話し方の癖に関しては、ボイストレーニングで解消できることが多いので、声のプロに指導を受けてみると改善できるかもしれません。

アニメ声は改善できる?

アニメ声は原因によって改善できる場合とそうでない場合があります。

声帯が原因の場合

声帯など生まれ持ったものが原因の場合、改善するのは難しいでしょう。

声帯の手術もありますが、声を出すときに使うのは声帯だけではなく、舌の長さや鼻など他のパーツも関係するため、一定の条件が整わないと難しいこともあるようです。

滑舌など話し方が原因の場合

一方、滑舌や口の開き方などが原因の場合は、ボイストレーニングを行うことで、改善することができるでしょう。

声質というのは変えることができる」と言われていますので、ボイストレーニングでプロに相談してみるのも一つの手段です。

最近は、ボイストレーニングの料金が安いスクールやオンラインレッスンが可能なところも増えてきています。

まずは無料体験レッスンで、あなたの声質改善ができるか、相談をしてみてはいかがでしょうか。

アニメ声とうまく付き合う方法

声を使う仕事をする

声を使う仕事で思い浮かぶのは「声優」ではないでしょうか。

現在活躍されている声優の中には、同じように声で悩んだ人が多くいます。

しかし、声優の世界に入ると、他の人と違う声は特別な才能とあつかわれます。

誰にも真似できない唯一無二の声を持っていれば、それだけ優位に立つことができるでしょう。

声優になるには、声優学校にいくことが一般的です。

今なら、無料で資料請求ができるので、気になる方は取り寄せてみてください。

声優学校であれば、声を自在に操る方法などもしっかりとレクチャーがあるので、アニメ声をさらに活かしていく方法が見つかるかもしれません。

声を出さない仕事をする

声にコンプレックスがある方は、「声を出さない仕事」を選ぶのも一つの方法です。

声をあまり出さない仕事の例としては、在宅系の仕事や、プログラミングなどの制作系の仕事、ライティングの仕事などです。

在宅系の仕事は、人に会うことが少ないため、話す機会(声を使う機会)も減ります。

フルリモートでの仕事を探す場合は、リワークスやママワークスなどで確認してみてください。

エンタメ業界の仕事をする

声優の仕事や声を出さない仕事は興味がない!という方には、エンタメ業界がおすすめです。

テレビ業界や音楽業界などは、人とは違う声質に慣れているため、アニメ声でも問題なく働くことができるでしょう。

まとめ

この記事では、アニメ声にコンプレックスを持っている方向けに、原因やうまく付き合っていく方法を解説しました。

声にコンプレックスを持っている人は多いですが、アニメ声の場合は「声を活かす」という選択肢もあるため、羨ましく思われることもあります。

アニメ声で自信が持てない、という方は、声優などの声をうまく使う仕事を検討してみてはいかがでしょうか。

ちなみに社会人になってから声優になっている人も多くいますので、今からじゃ遅いということはないです!

資料請求はこちらから

-声のお悩みを知る